DIY-RC.jp

ドローンを自作する人のためのWEBサイト

【ドローンを作る】飛行編

2016/08/09

<注意>
最初は調整飛行ということで、どのような飛び方をしても大丈夫な広い場所を選んで下さい。
また、車の近くで飛ばすと大損害になる可能性があるので安全な距離を確保しましょう。

飛行前に以下を必ず確認して下さい。

【場所】
・飛行範囲内に人が立ち入らないか
・飛行している機体の下に車や建物や木がないか
・上に鉄塔からの送電線が渡っていないか

【機体】
・モーターの取り付けネジやフレームのネジは締まっているか
・モーターの回転方向やプロペラの向きが合っているか
・飛行モードや各設定は正しく行えているか
・バッテリーは充電されているか
・プロポのバッテリーは充分にあるか
・ロール、ピッチ、ヨー、スロットルの方向設定は合っているか
・その他の危険はないか

 

飛行のために必要な手順は次の通りです。
・デジタルコンパスのキャリブレーション
・ゲインの調節
・飛行練習

 

デジタルコンパスのキャリブレーション

磁気の影響を受ける可能性があるため鉄塔や電線から離れた所で、機体を水平な場所に置き、バッテリーを接続してプロポとリンクします。

制御モードスイッチを「Manual - Atti.」間で5~10回程度カチャカチャ切り替えます。
LEDが黄色く光りっぱなしになったらキャリブレーションモードです。

機体を水平に持ちその場で水平に回ります。
LEDが緑に光れば成功です。

機体を立て方向(宙返り)に回します。
LEDが消えれば成功です。

LEDが赤く点滅したら失敗なので最初からやり直します。

 

ゲインの調節

プロポのスティックを左右同時に操作してCSC(Combination Stick Command)を行います。
プロペラがアイドリング回転を行うので、スロットルを少しづつ上げます。
3秒間スロットルを上げなければモーターが停止しますが、焦らず少しづつ上げるようにして下さい。
腰~目線の高さまで上昇させ動きを観察したら着地させて設定します。

Pitch
エレベータのスティックを前後に揺らします。
スティックを戻した時に変な揺れがなく、スッと水平に戻るまでゲインを下げます。

Roll
エルロンのスティックを左右に揺らします。
スティックを戻した時に変な揺れがなく、スッと水平に戻るまでゲインを下げます

Yaw
ラダーのスティックを左右に揺らします。
左右に動いた時に機体が上昇しなくなるまでゲインを下げます。

Vertical
スロットルのスティックを上下します。
モーター音が途切れなく滑らかになるまでゲインを下げます。

Attitude Gain
ゲインを上げると動きのキレが出てきます。
ここは100%のままでも大丈夫です。

 

飛行練習

それぞれのモードに慣れておきましょう。
GPS : Liteの場合は高度以外が固定され最も安定します。
Atti. : 姿勢維持センサーのみで飛行するため、位置は固定されません。
Manual : 最も自由で不安定なモードで、気を抜くと墜落します。

ICCの各モードにも慣れるために切り替えて練習します。
Home Lock : 離陸地点を中心として10m以上間隔を保って旋回飛行します。
Course Lock : 機体の向きに関係なく操縦できます。
OFF : 機体の向きの通りに動きます。

 

ドローン 飛行
一通り出来たら後は楽しみましょう!
カメラを載せて空撮したり、ワイヤレスカメラでFPVをしたり何でも出来ます。

 

-Making
-, , , , , ,