DIY-RC.jp

ドローンを自作する人のためのWEBサイト

プロテクター付きゴールドコネクターの付け方

2016/08/10

ゴールドコネクターは樹脂部分がないため付けやすく接点容量も高いのですが、ショートや逆接続の危険性も持っています。
そんな欠点を補うためにプロテクターに対応したものもあります。

取り付け方法

ゴールドコネクター プロテクター

今回は4mmゴールドコネクターが付けられている4S 5000mAhのバッテリーを充電器に接続するためのアダプターなのでリード線は少し細めの16AWG(TURNIGY製)です。
バッテリーには10AWGが使われているので機体で使用する場合は同じ10AWGか12AWGを使うことが望ましいです。

 

ここからは機体側の組み合わせ例です。
バッテリー側の場合はリード線の極性が逆になるので注意して下さい。

 

まずリード線の先端を3mmほどむき、ハンダメッキをしておきます。
反対側にESCなどの部品が付いている場合は先にプロテクターに通しておきましょう。
コネクターを固定し、横の穴にハンダごてを差し込み、全体を温めてからハンダを流していきます。
ハンダが流れそうな場合は45°くらいに傾けて固定しても構いません。
ゴールドコネクター ハンダ付け

 

7分目くらいまで流し込んだらリード線を差し込みます。
しようするリード線によって分量は調節して下さい。
リード線に熱を奪われて途中で止まる事があるので温めなおして底に当たるまで入れます。
DSC_3358

 

穴からハンダが漏れないように注意しましょう。
特にリード線側の段差にハンダがつくとプロテクターが付けられなくなります。
ヤニ入りハンダなので周りにヤニが付くことがありますが脆いので爪で剥がせます。
ヨーロピアンコネクター 付け方

 

反対側(プロテクターの先端側)から通します。

この時必ず太いほうがメス、細いほうがオスになるようにしておきましょう。
差し込んでからから変更することは出来ません。
ヨーロピアンコネクター プロテクター

 

コネクターをプロテクターに押しこむために新しいコネクターを差し込みます。
1組しか無い場合は細い金具などで代用し、後から引っ張ることは避けて下さい。
ゴールドコネクター 押しこむ

 

写真のように下向きに押し込みます。
硬いので1つづつ付けていくのが無難です。
バナナコネクター

 

これで取り付けは完了です。
プロテクターの後ろ側には余裕があるので熱伸縮チューブは不要です。
ゴールドコネクター ヨーロピアンコネクター

 

このコネクターは大型のバッテリーなどに付けられていることが多く、取り替えるのは非常に危険なので機器側をこのコネクターへ取り替えるようにしましょう。

入手方法

国内通販、もしくは海外からの輸入で手に入ります。
10セットで1000円前後です。

 

-Tips
-, , , , ,