DIY-RC.jp

ドローンを自作する人のためのWEBサイト

バッテリー用の分岐ハーネスを作る

2016/05/09

難易度:☆☆☆☆★ やや難しい

バッテリーと複数のESCを繋ぐ際に必要な分岐ハーネスを作ります。
マルチコプターや双発のラジコン飛行機ではハンダ付けしない場合は必ず必要な部品です。

【材料】
・XT60コネクター(メス)
・3.5mmゴールドコネクター(メス × 8個)
・リード線(赤・黒)
・熱伸縮チューブ(4 - 5mm)

【工具】
・ハンダごて(20W)
・ハンダ(0.8 - 1mm)
・ニッパ または ペンチ
・ワイヤーストリッパー または ハサミ

 

赤いリード線を5cmに切りそろえて両端を3-5mmむきます。
ESC同士が離れている場合は長さを変えて下さい。
バッテリーの分岐ハーネスを自作

 

全長が短いものを作る場合は先にESC側のコネクターを付けるとバッテリー側のコネクターへ熱伸縮チューブが付けられなくなってしまいます。
そのため今回は先にリード線を4本まとめてコネクターにハンダ付けします。

コネクターの取付部にハンダを半分くらいまで流し込み、暖めながらリード線を差し込んでから冷まさずにハンダを少しづつ流し込んでいきます。
隙間ができた場合はリード線と取付部を温めて全体を溶かすとキレイに広がります。
ただし本体とリード線の被覆は樹脂なので加熱し過ぎると溶けてしまうため注意しましょう。
>>XT60への付け方

冷まして強度を確認してから熱伸縮チューブを通して絶縁します。
※黒い方は撮影前に付けてしまったので無視して下さい…。
バッテリー分岐ハーネス①

 

ゴールドコネクターをハンダ付けしていきます。
8分目くらいまでハンダを流しこんでからハンダを冷まさないようにしながら真ん中にリード線を差し込みます。
途中で固まった場合は横の穴にハンダごてを差し込んで溶かして差し込みましょう。
>>ゴールドコネクターへの付け方
3.5mm ゴールドコネクター ハンダ付け

 

全てのゴールドコネクターをハンダ付けしました。
かなり熱くなるので冷めるまで待ちましょう。
バッテリー分岐ハーネス②

 

熱伸縮チューブを通して加熱します。
穴側のチューブをほんの少し長めにするとより安全です。
バッテリー分岐ハーネス③

 

これでバッテリーから複数のESCへ接続できます。
束にする本数や長さは自由なのであらゆる機体に合わせて作ることが出来ます。

 

 

 

 

 

-DIY
-, , , , , , ,